HOME > GPNからのお知らせ > 【GPN】「衣服・履物」購入ガイドライン改定のお知らせ

【GPN】「衣服・履物」購入ガイドライン改定のお知らせ

ガイドライン2017.10.31

グリーン購入ネットワーク(GPN)は、GPN-GL13「衣服・履物」購入ガイドラインを改定いたしました。

詳細>> GPN-GL13「衣服・履物」購入ガイドライン(2017年9月26日改定)[PDF562KB]


■経過
「衣服」購入ガイドラインは、2000年に制定後、1回改定しました。今回の改定では背景説明を更新し、エコ商品ねっとの掲載基準を見直し、「環境に配慮した素材を使用していること」を必須事項としました。対象には履物を新規追加しました。


■スケジュール
【改定案の検討】技術情報委員会にて担当
【意見募集】
意見募集期間:2017年7月12日(水)~8月17日(木)
告知方法:GPNホームページに掲載。一斉メールにて告知。
告知先:GPN会員、理事他
寄せられた意見:0件
【改定案の理事会承認】2017年9月26日
【エコ商品ねっとでの情報公開】2017年12月末(予定)


■意見内容
特になし


■改定内容
今回の改定では、改定作業を効率化するため、以下の通り背景説明の簡略化の考え方を整理した。
・背景説明において長文は必要ない。
・背景説明では、現状の説明、ガイドライン項目の必要性を述べる。ガイドラインの中でできていないものがあればその理由を説明するようにする。
・地球温暖化のような大前提となる知識の解説は不要。

(1)対象範囲
外衣、下着、寝着、和服、くつ下、帽子、手袋、履物【新規追加】

(2)ガイドライン項目
1)環境に配慮した素材を使用していること
2)省エネルギー・省資源に繋がる製品設計がされていること
3)長期使用を可能にするための製品設計がされていること
4)使用後に回収され、原料または各種素材としてリサイクルされること
5)環境に配慮した包装材を使用していること
6)修理体制が整っていること

(3)エコ商品ねっと掲載条件について【新設】
「環境に配慮した素材を使用していること」を必須条件として以下のいずれかの配合率を基準とします。【配合率の基準について新設】
1)原産地で環境に配慮した天然素材 25%以上
2)未利用素材 10%以上
3)リサイクル素材 25%以上
*製品使用後に回収及び再使用又は再生利用のためのシステムがある場合は10%以上
4)植物由来合成繊維素材25%以上、且つ、バイオベース合成ポリマー含有率10%以上
*製品使用後に回収及び再使用又は再生利用のためのシステムがある場合は植物由来合成繊維素材10%以上、バイオベース合成ポリマー含有率4%以上
5)製造工程で有害化学物質の使用抑制がされている素材 25%以上

twitterにつぶやく

お知らせを配信したい方はコチラ