HOME > GPNからのお知らせ > 10電力の再エネ率、CO2排出係数、原子力発電割合を更新しました

10電力の再エネ率、CO2排出係数、原子力発電割合を更新しました

ガイドライン2018.04.17

GPNでは、皆様の電力プラン選びの参考にしていただくために、2016年より旧一般電気事業者(10電力)の再エネ率やCO2排出係数、原子力発電割合を一覧化しています。この度、2016年度分の数値を更新していますのでご覧ください。

電力供給事業者の環境情報データベース【10電力+電源構成等開示会社リンク編】

index10_2016.jpg



10電力のFITを含む再エネ割合(2016年度)は以下のようになっています。
北海道電力    25.0%
東北電力    18.0%
東京電力    10.0%
中部電力    13.0%
北陸電力    26.0%
関西電力    15.0%
中国電力    13.0%
四国電力    19.0%
九州電力    18.0%
沖縄電力    5.0%

参考までに、エコ商品ねっとに掲載している2事業者の再エネ割合は
ネクストエナジー・アンド・リソース社50%(FIT)、みんな電力66.2%(うちFIT63.2%)となっています。全国平均は14.8%です。

電力会社によって、再エネ割合やCO2排出係数、原子力発電割合が大きく異なることが分かります。電力プランを変更する際に参考にしてください。

twitterにつぶやく

お知らせを配信したい方はコチラ