エコ商品ねっとホーム > 環境の取り組み

スズキ株式会社

1. 環境取り組み体制

<レベル1>

1. 環境方針を持っている
2. 環境対応の責任体制を定めている
3. 環境問題に関する従業員教育を行っている
4. 自社に関係する主要な環境法規制を把握し、遵守している

<レベル2>

5. 環境取り組み体制と成果を定期的に検証して次の活動に生かしている
6. 従業員が環境方針に基づいて自分の業務の中で行うべき環境対策を理解し、実践している
7. 環境活動に関する規格やプログラムを導入している

→ 導入している規格名 ISO14001

8. 第三者認証を取得している

2. 環境への取り組み

資源・エネルギー

9. <L1> 資源(投入原料、水等)とエネルギー(電力、重油、ガス)の使用量削減の取り組みを行っている
10. <L2> 資源とエネルギーの使用量の把握をし、具体的な削減目標や計画を立てている

環境配慮型製品・サービスの製造・販売

11. <L1> 環境配慮型製品・サービスの製造・販売を積極的に行っている
12. <L2> 環境配慮型製品・サービスの製造・販売状況を把握し、具体的な販売目標や計画を立てている

グリーン購入

13. <L1> グリーン購入の取り組み方針を有し、グリーン購入を行っている
14. <L2> 購入している製品・サービスの量と種類を把握し、具体的な目標や計画を立てている

包装・物流

非該当(包装・物流を必要とする業務を行っていない)
15. <L1> 環境負荷ができるだけ小さい包装・梱包を行っている
16. <L1> 環境負荷ができるだけ小さい物流を行っている

化学物質

非該当(化学物質を使用していない)
17. <L1> 化学物質の使用量及び外部(大気・水・土壌)への排出量削減の取り組みを行っている
18. <L2> 化学物質の使用量及び外部への排出量を把握し、具体的な削減目標や計画を立てている

廃棄物

19. <L1> 廃棄物の発生量の削減及びリサイクルの推進、適正処理を行っている
20. <L2> 発生する廃棄物の量と種類を把握し、具体的な削減・リサイクル目標や計画を立ている

3. 環境情報の公開他

21. <L1> パンフレットやホームページ等で、自社の環境情報を積極的に公開・提供している
22. <L1> 周辺地域の環境保全活動を行い、自治体や地域団体の活動に積極的に参加している
23. <L2> 「2. 環境への取り組み」に関する現状の数値や目標値を公表している

その他の環境への取り組みについての自由記載

【グローバルな環境対応】
スズキは国内外の関連会社も含めたグローバルな環境対応を推進しています。環境に関するグローバルな活動の方向性とその取り組みを明示するため、2016年度から2020年度までの環境保全の取り組みである「スズキ環境計画2020」を策定しました。「地球温暖化の抑制」等のテーマごとに具体的な実施事項や目標を定めています。

「スズキ環境計画2020」目標と2017年度実績の例
・グローバル四輪製品使用時CO₂排出量2005年度比28%削減(2017年度実績:26%削減)
・生産活動CO₂排出量(グローバル生産台数あたり)2010年度比10%削減(2017年度実績:8.0%削減)

また、スズキは国連採択の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支持します。SDGsは、「気候変動に具体的な対策」など、環境・社会・経済面において2030年までに取り組むべき17の目標を設定することで問題解決を図るものです。上記の「スズキ環境計画」におけるグローバルな環境目標は、SDGsの達成に大きな役割を果たします。

事業者属性

業種 輸送用機器製造
従業員数 15,269名(2018年3月末現在)

問合せ先

TEL 0120-402-253 (スズキ株式会社 お客様相談室)
FAX 053-440-2251
Email
URL http://www.hhq.suzuki.co.jp

↑このページの先頭へ戻る