エコ商品ねっとホームパソコン > dynabook AZ65/EGSD PAZ65EG-BJB

dynabook AZ65/EGSD PAZ65EG-BJB

分類 ノート型
事業者名 東芝クライアントソリューション
価格 206,280
発売年月日 2017年10月
環境配慮特記事項

東芝グループ地球環境マーク自主基準を設定、使用済み製品の回収・再使用・再生システム有、製品の長寿命化、省資源化、部品の再利用・素材再生への配慮有、再生紙を利用したマニュアル

環境情報及び製品情報

分類 ノート型
機種名 dynabook AZ65/EGSD PAZ65EG-BJB
事業者名 東芝クライアントソリューション
対象ユーザー 個人ユーザー向け
プロセッサ Core i7-7500Uプロセッサー 動作周波数2.70GHz
ハードディスク容量(GB) 512GB SSD
メモリ販売時搭載量(MB) 16384
メモリ販売時最大搭載量(MB) 16384
モニターの種類/サイズ 15.6型ワイド(16:9) FHD 高輝度・高色純度・広視野角 TFTカラー Clear SuperView LED液晶(省電力LEDバックライト) 1,920×1,080ドット
グリーン購入法適合 適合している
省エネ法適合 2011年度基準に適合している
エネルギー消費効率 0.02
エネルギー消費効率区分 M
省エネ基準達成率 省エネ基準達成率500%以上
【本体】国際エネルギースタープログラムへの適合 同計画の基準に適合している
【モニター】国際エネルギースタープログラムへの適合
【本体】国際エネルギースタープログラムにおける消費電力 25.6
【モニター】オンモード消費電力(W)
【モニター】スリープモード消費電力(W)
再生材料の使用 筐体に使用している
特定の化学物質対応(J-MOSSグリーンマーク) J-MOSSグリーンマーク基準を満たしている
省エネ、長期使用、リサイクル等関連特記事項 本体25g以上の樹脂部品に材料表示
バイオプラスチックの使用 -
環境ラベル(エコマーク・エコリーフ) なし
エコマーク認定番号
エコリーフ関連URL
CFPプログラムURL
環境ラベル 備考
他の環境配慮特記事項 東芝グループ地球環境マーク自主基準を設定、使用済み製品の回収・再使用・再生システム有、製品の長寿命化、省資源化、部品の再利用・素材再生への配慮有、再生紙を利用したマニュアル
機能面の特記事項 起動も処理も速い、最高レベルを求める人の一台。
発売開始時期 2017年10月
標準価格(円) 206,280

購入方法

購入サイト1

購入サイト2

購入サイト3

購入サイト4

購入サイト5

問い合わせ先

環境面問合せ先1

名称 環境保全推進部
TEL 03-3457-2403
FAX -
Email -

購入時問合せ先1

名称 東芝PCダイヤル
TEL 0570-00-3100

環境報告書

「環境報告書2001」

ホームページアドレス

http://dynabook.com/

その他の環境情報源

東芝PC総合情報サイト(http://dynabook.com/)にてPCの環境対応を紹介

事業者ごとの取り組み

リサイクル設計の内容

1992年より再資源化の取り組みを開始。1997年からは製品の「環境設計アセスメントガイド」を策定し、「環境調和型製品」の開発・製造を積極的に推進しています。「環境設計アセスメント」では部品から、製造・流通・使用・廃棄にわたる段階で評価項目・基準を設定し、製品が環境に与える影響を最小とするように開発しています。1998年には世界初でハロゲンフリー材使用の環境調和型プリント基板搭載PCを発売。その後、ねじの本数・部品点数の削減による分解容易化設計、プラスチック材料種類の削減やプラスチック部品への材料表示によるリサイクル容易化設計など、リサイクル性を良くする設計を通してマテリアルリサイクルの促進をしています。

使用済み製品の引取り・再使用・リサイクルの取り組み

当社は「資源有効利用促進法」に基づき、事業系から排出される使用済パソコンの回収・再資源化に対する取り組みは2001年4月より開始した。2002年12月には「広域再生利用指定産業廃棄物処理者」を取得し、全国輸送ネットワークの構築にて、最適な回収体制を実現した。全国10ヶ所のリサイクル拠点にて、手分解・分別により適切な再資源化を実施しています。家庭系パソコンの回収・リサイクルでも、「PCリサイクルマーク」対応製品を施行前の2003年8月に発売した。回収受付窓口として「東芝dynabookリサイクルセンタ」を設置し、日本郵政公社の「エコゆうパック」を活用した排出者の戸口からの回収を行ない、事業系と同様に全国のリサイクル施設で適切な再資源化を実施します。

環境の取り組み

1. 環境取り組み体制

<レベル1>

1. 環境方針を持っている
2. 環境対応の責任体制を定めている
3. 環境問題に関する従業員教育を行っている
4. 自社に関係する主要な環境法規制を把握し、遵守している

<レベル2>

5. 環境取り組み体制と成果を定期的に検証して次の活動に生かしている
6. 従業員が環境方針に基づいて自分の業務の中で行うべき環境対策を理解し、実践している
7. 環境活動に関する規格やプログラムを導入している
8. 第三者認証を取得している

2. 環境への取り組み

資源・エネルギー

9. <L1> 資源(投入原料、水等)とエネルギー(電力、重油、ガス)の使用量削減の取り組みを行っている
10. <L2> 資源とエネルギーの使用量の把握をし、具体的な削減目標や計画を立てている

環境配慮型製品・サービスの製造・販売

11. <L1> 環境配慮型製品・サービスの製造・販売を積極的に行っている
12. <L2> 環境配慮型製品・サービスの製造・販売状況を把握し、具体的な販売目標や計画を立てている

グリーン購入

13. <L1> グリーン購入の取り組み方針を有し、グリーン購入を行っている
14. <L2> 購入している製品・サービスの量と種類を把握し、具体的な目標や計画を立てている

包装・物流

非該当(包装・物流を必要とする業務を行っていない)
15. <L1> 環境負荷ができるだけ小さい包装・梱包を行っている
16. <L1> 環境負荷ができるだけ小さい物流を行っている

化学物質

非該当(化学物質を使用していない)
17. <L1> 化学物質の使用量及び外部(大気・水・土壌)への排出量削減の取り組みを行っている
18. <L2> 化学物質の使用量及び外部への排出量を把握し、具体的な削減目標や計画を立てている

廃棄物

19. <L1> 廃棄物の発生量の削減及びリサイクルの推進、適正処理を行っている
20. <L2> 発生する廃棄物の量と種類を把握し、具体的な削減・リサイクル目標や計画を立ている

3. 環境情報の公開他

21. <L1> パンフレットやホームページ等で、自社の環境情報を積極的に公開・提供している
22. <L1> 周辺地域の環境保全活動を行い、自治体や地域団体の活動に積極的に参加している
23. <L2> 「2. 環境への取り組み」に関する現状の数値や目標値を公表している

その他の環境への取り組みについての自由記載

事業者属性

業種
従業員数

問合せ先

TEL
FAX
Email
URL

↑このページの先頭へ戻る

商品カテゴリ一覧

環境情報

メーカー名