HOME > グリーン購入のガイドライン

電力会社はどう選んだらいい?『電力のグリーン購入』

2016年4月から電力小売りの全面自由化※となり、電力会社が自由に選べるようになります。電気料金が安くなることや、様々な新しいメニューが登場しサービスの多様化が期待されています。ここで、電気料金だけに着目して電力会社を比較してしまうと、現状では、コスト的に有利な石炭火力発電や原子力発電がより多くの消費者に選択されることになり、地球温暖化や資源枯渇等、未来世代への負荷が益々大きくなっていく恐れがあります。GPNでは事業所や家庭での「電力のグリーン購入」をお願いしています。

電力のグリーン購入とは、少しでもCO2排出係数、核廃棄物が少ない電力を選ぶことです。また、再生可能エネルギー(太陽光、風力、地熱、バイオマス、小水力)の発電割合が高い電力を選ぶことでもあります。

いま、あなたが選ぼうとしている電力会社に、以下の点について質問をしてみてください。電力会社が質問にしっかりと答えてくれて、それが現在電力の供給を受けている電力会社よりもよい数値があれば、あなたの選択は「電力のグリーン購入」になります。ぜひ「グリーンな電力かどうか」も、電力会社を選ぶポイントのひとつに加えてください。

※既に、50kw以上の高圧需要家については自由化されています。

電力のグリーン購入の考え方

  1. CO2排出係数(調整前/調整後)が低いこと。
  2. 再生可能エネルギー(FIT=固定価格買取制度によるものを含む)による電力の割合が高いこと(設備容量ではなく発電電力量)。
  3. 原子力発電の割合が低いこと。

CO2排出係数や、再生可能エネルギーとその固定価格買取制度(FIT)などについて、より詳しくお知りになりたい方は、GPNが作成した「電力のグリーン購入」解説書をご覧下さい。

グリーン電力証書の活用

  • マンション・ビルで一括契約のため、電力会社を変えられない
  • どのPPS事業者を選んだらいいか迷ってしまう

そんな方は、「グリーン電力証書」を活用することができます。事業者でも個人でも購入でき、グリーン電力証書で再生エネルギーの割合を高めたり、原子力発電分をオフセット(相殺)ことができるようになります。

グリーン電力証書とは?

グリーン電力証書の利用者は、電力会社から通常通り電力を供給されている場合でも、グリーン電力証書を購入(通常の電力料金以外に環境付加価値分の証書の購入が必要)することで、グリーン電力証書を購入した分の電力量について再生可能エネルギーを利用したものとみなされます。また、この購入代金の中から再生可能エネルギーの発電事業者に環境付加価値の対価が支払われる仕組みになっており、再生可能エネルギーの新規設備導入や設備維持などに貢献しています。

行政や企業のグリーン電力証書の活用例