NEWS リリース

グリーン購入ネットワーク(GPN)



各 位

2007年9月7日

『第9回グリーン購入大賞』審査結果の発表について

=環境に配慮した購入・調達の実践や、グリーン商品の市場形成に寄与する取組事例の表彰=

− 環境大臣賞は滋賀銀行に決定 −


グリーン購入ネットワーク(事務局:東京都渋谷区 代表:中原秀樹)は、この度、グリーン購入に関する優れた取り組みを表彰する『第9回 グリーン購入大賞』の受賞団体を決定いたしました。  受賞団体一覧へ

 

●グリーン購入大賞とは

グリーン購入に関する事例を広めて全国の各種団体による取組を推進する目的で、グリーン購入ネットワークが主催する98年に創設された表彰制度であり、今年度で第9回となります。
・主催:グリーン購入ネットワーク(GPN)
・後援:環境省、経済産業省、WWFジャパン、日本経済団体連合会、日刊工業新聞社、毎日新聞社、読売新聞社

 

審査方法・審査結果について

本年4月〜6月に募集を行った結果77件の応募があり、書類審査を通過した15団体によるプレゼンテーション審査を行った結果、環境大臣賞は(株)滋賀銀行に決定しました。また、大賞には松下電器産業(大手企業部門)、沢田商店(中小企業部門)、滋賀県環境生活協同組合(民間団体・学校部門)、東海三県一市グリーン購入キャンペーン実行委員会(行政部門)、森の町内会(プロジェクト部門)がそれぞれ決定いたしました。

 

審査総評について

第9回グリーン購入大賞は従来の部門に加え、企業、行政、民間団体などセクターを超えた連携の取組を評価する「プロジェクト部門」を新設したほか、「環境配慮型製品・サービスの開発とコミュニケーションの推進」「グリーンコンシューマーの育成」などのグリーン購入に関する4つのテーマから1つを選んで応募する方法となりました。全国の様々な団体から77件の応募が寄せられ、そのいずれも取組水準の高いものでした。住宅、自動車、学校、ホテルなどの分野での取組も見られ、グリーン購入の普及が進んでいる結果と思われました。

大臣賞団体の取り組み概要について (詳細へ)

(株)滋賀銀行は、環境配慮を主軸としたCSR経営を実践し、様々な環境対応型金融商品・サービスの開発と提供による地域への環境保全活動の働きかけを行うなど、金融を通じた環境に配慮した社会づくりへの取組が高く評価されました。
また、経済産業大臣賞については、今回は該当なしとの結果になりました。

表彰式について

表彰式は2007年10月12日(金)に開催される『2007年度GPN全国フォーラム』(於:夢メッセみやぎ(宮城県仙台市)、時間:13:00〜、事前申し込み制)において行われます。本会議は、GPNが毎年1回開催するグリーン購入に関する全国フォーラムと同時開催となっており、今後のグリーン購入の普及啓発やグリーン商品開発の啓発方法等の検討を盛り込んでいます。今年度は「エコプロダクツ東北2007」と同時開催となります。

 

<受賞団体一覧>

環境大臣 滋賀銀行
経済産業大臣賞  (該当なし)
 
大   賞 松下電器産業(株)
(株)沢田商店
東海三県一市グリーン購入キャンペーン実行委員会
滋賀県環境生活協同組合
森の町内会
 
優 秀 賞 大和ハウス工業(株)
(株)パノラマ・ホテルズ・ワン 沖縄ハーバービューホテル
(株)サンオータス
(株)キッズシティージャパン
(株)おぎそ
石川県立大聖寺高等学校
グリーン購入実践プラン滋賀登録制度
京都市における買物袋持参促進運動
自動車販売における環境マイスター研修・認定制度
 
審査員特別 阪急阪神ホールディングス(株)
アミタ(株)
 
審査員奨励 (株)一・四・一
パルシステム生活協同組合連合会
びんを広めよう会・熊本

 

 

○グリーン購入ネットワーク(GPN)とは

グリーン購入の取組を促進するために96年2月に設立された、企業・行政・民間団体などによる緩やかなネットワーク組織です。グリーン購入の普及啓発活動や、商品分野ごとの購入ガイドラインの策定、商品の環境データを掲載したデータベースの運営などを行っています。2007年7月現在の会員数は2,943団体(企業2,353、行政295、民間団体295)となっております。ホームページ:http://www.gpn.jp/  


ホームGPN事務局