GPN release

グリーン購入ネットワーク(GPN)



2007年9月26日

GPN500万人で取り組むグリーン購入一斉行動

約1万トンの二酸化炭素を削減!

四国の面積を上回る森林の一ヶ月の二酸化炭素吸収量に相当

テーマ:買い物でレジ袋を断る

期 間:10月1日(月)〜10月31日(水)


 グリーン購入ネットワーク(GPN)は、環境保全型製品に関する情報を発信し、購入ノウハウを広げることを目的に、グリーン購入を推進する幅広いネットワークとして1996年2月に設立した非営利の民間組織です。
GPNはこれまでグリーン購入ガイドラインの策定や環境配慮商品情報の提供、様々なセミナー等を通じてグリーン購入の普及に努めてまいりました。GPNは、全国に6つある地域ネットワークと共同で、グリーン購入を個人レベルに広め、間近に迫った地球温暖化防止を加速させるために、GPN会員団体の従業員による
「GPN500万人グリーン購入一斉行動」を実施することに致しました。
 GPN会員3,000団体の従業員数を合計すると、500万人に及びます。そのGPN会員500万人が特定の日に一斉行動を起こすことは、GPN会員が日本の市場を動かした、グリーン化した、という社会的なインパクトを与え、社会に対してグリーン購入を加速させる強烈なメッセージとなります。また、今回の「GPN500万人グリーン購入一斉行動」に参加し、従業員へ参加を呼び掛けることによって、従業員の社内啓発や意識向上に繋げることが出来るほか、グリーン購入を家庭にも広げることが出来ると期待しております。
 レジ袋は年間約300億枚(1人あたり250枚/年、20.8枚/月)使われていると言われています。GPN会員500万人が1ヶ月間レジ袋を断っていただくことによって、
1億枚以上のレジ袋を削減することが出来ます。これは約1万トンのCO2排出量を削減することにつながります。1万トンのCO2排出量は、四国の面積を上回る森林1ヶ月のCO2吸収量に相当するほか、逗子市民(5万8千人)の1ヶ月間のCO2排出量に相当し、1億枚のレジ袋を積み上げると、南アルプスにそびえ立つ赤石岳(3,120m)の高さに相当します。
 既に300団体を超える会員団体及びそのグループ会社から参加の連絡があり、社内イントラネットやメール、ポスター掲示などによる告知を実施していただいております。
 今後は、省エネランプ(電球型蛍光灯)や地場の旬野菜の購入など、あらかじめ決めたテーマに関する一斉行動キャンペーンを行い、グリーン購入の普及に努めてまいります。

 

◆グリーン購入一斉行動キャンペーンの特徴 へジャンプ!

◆参加団体一覧と事例 へジャンプ!

◆レジ袋削減効果 算出根拠 へジャンプ!
◆GPN会員への案内 へリンク

 

△▼△ 『GPN500万人グリーン購入一斉行動』 参加連絡返信欄 △▼△

『GPN500万人グリーン購入一斉行動』キャンペーンに参加いただけるGPN会員は、以下にご記入いただき、GPN事務局へご返信をお願いいたします。
●キャンペーンに参加いただけるGPN会員の団体名をホームページにて掲載させていただきます。
●返信先:GPN事務局( FAX:03-3406-5190  E-MAIL:gpn@net.email.ne.jp )
団体名:
『GPN500万人グリーン購入一斉行動』キャンペーンに、
 □ 参加します
従業員数(パート、アルバイトを含む)をお知らせください。
               人

※キャンペーンへの参加予想人数を把握するためにお伺いします。

 

 【お問合わせ】   グリーン購入ネットワーク事務局(GPN)  担当:深津

TEL.03-3406-5155 FAX.03-3406-5190 Eメール gpn@net.email.ne.jp

※本キャンペーンは、滋賀グリーン購入ネットワーク、みえ・グリーン購入倶楽部、みやぎグリーン購入ネットワーク、京都グリーン購入ネットワーク、九州グリーン購入ネットワーク・福岡、埼玉グリーン購入ネットワークの共同事業です。


ホーム事務局


 

◆グリーン購入一斉行動キャンペーンの特徴◆

 1. 「買い物でレジ袋を断る」グリーン購入一斉行動キャンペーン
 2. 約500万人(GPN会員3,000団体の従業員数の合計)による、初めての一斉行動
 3. 社会的インパクトを与え、グリーン購入やグリーン購入ネットワークの認知度向上
 4. 従業員への参加呼び掛けにより、従業員や家庭への社内啓発・意識向上
 5. イオン、NEC、東京ガス、味の素、清水建設、三菱地所、富士ゼロックス、日本IBM、神奈川県、三重県、仙台市、武蔵工業大学をはじめ、既に329団体が参加を表明
 6. グリーン購入500万人一斉行動で約1万トンの二酸化炭素を削減

 (四国の面積を上回る森林1ヶ月のCO2吸収量、逗子市民(5万8千人)の1ヶ月間のCO2排出量に相当)

 ▲ Page Top

 参加団体一覧 (380団体、235万人)         10/22時点

 

【企業】254

アーレスティ/アイクリーン/アヴニール/青森エンジニアリング/青森文具/朝日組/味の素グループ/アスクル/アセットリード/アビリティーズジャスコ/アルファグリーン/eBASE/イオン/イオン九州/イオンクレジットサ−ビス/イオンスーパーセンター/イオンディライト/イオンイーハート/イオンビスティー/イオン北海道/イオンマルシェ/イシマル/イズコン/イズミヤ/稲垣薬品興業/伊藤忠テクノソリューションズ/伊藤ハム/イトーキ/ウシオ電機/馬印/NECグループ/エヌ・エム・ビー電子精工/エヌ・ティ・ティ・クオリス/荏原製作所/エビア滋賀第一工場/FJBサプライ/欧文印刷/近江鉄道/大川印刷/大関/大塚商会/大月工業/大林組/岡村製作所/岡本紙文具店/音伍繊維工業滋賀営業所/花王グループ/学習研究社/カスミ/かましん/カルピス/川重冷熱工業/紀文食品関西支社/キヤノンマーケティングジャパン/九州環境マネジメント/九州教具/九州森永乳業/共同印刷/共同印刷/京都事務機/キングジム/クボタ/クラウングループ/倉敷紡績/クリーンリサーチ/クレアン/グローカルネイバーフッド/桑原/計測サービス/計測テクノ/ケイ低温フーズ/KOA/コイケ/神戸不燃板工業/光洋/ゴールドウィン/国際チャート/コクヨ北関東販売/コクヨ工業滋賀/コクヨ山陽四国販売/コックス/寿堂紙製品工業/小林クリエイト/コプロ/金剛/サイサン/西部ガス/佐賀リコー/佐川印刷/サッポロ飲料/サッポロビール/佐藤印刷/サニックス・ソフトウェア・デザイン/三栄建設/サンデー/サントリー/サンニチ印刷/三洋電機/シード/滋賀銀行/滋賀ディエスジャパン/清水建設/シャープ/シャープ広重三重/ジャパンエナジー/ジャパンビバレッジSP/JALグループ/ジョイ/ショウワノート/白木屋/セイコープレシジョン/セイビ九州/西友グループ/ゼブラ福岡支店/セブン&アイホールディングス/ゼンリン/装美舎/相馬共同火力発電/大成建設/大成ロテック/ダイドードリンコ/大日本印刷/大日本スクリーン製造/竹尾/竹中商店/糺書房/田中誠文堂/谷口商会/たねやグループ/タルボットジャパン/地球の芽/チクマ/ツヴァイ/ツルヤ靴店/D・I・M/T&Dホールディングス/帝人グループ/テクノル/デュプロ/東京海上日動グループ/東京ガス/東京電力/東京流通センター/東電環境エンジニアリング/TOTO/東邦ガス/東北リコー/東洋インキ製造/東洋電機製造/東洋紡グループ/常盤洋紙/戸田建設/凸版印刷/ドミックスコーポレーション/トライボロジー/中島商店/中谷/ナカノ/名古屋東急ホテル/ナンコクスーパー/ニコン/西鉄シティホテル/西村新商店/日研/ニチレイグループ/日興商会/日産自動車/日本ビクター/日本ペイント/日本IBM/日本毛織印南工場/日本ソフト開発/日本テトラパック/御殿場テトラパック合同会社/日本ハムグループ/パイオニア/パイオニアプラズマディスプレイ/ハイデイ日高/ハイブリット・サービス/羽黒電子/パルステック工業/百五銀行/評価情報研究所/広島ガス/ファイン/フードサプライジャスコ/ぶぎん地域経済研究所/富士ゼロックス/富士ゼロックス茨城/富士ゼロックス京都/富士ゼロックス北九州/富士ゼロックス福岡/富士ゼロックス三重/富士ゼロックス宮城/富士通グループ/藤野商事/武州ガス/フラウ/プリプレス・センター/プリンス電機/プリントインフォームジャパン/フルハシ環境総合研究所/平和堂/ベルエール/北海道電力/マイカル/前田建設工業/マックスバリュ中部/マックスバリュ東海/マックスバリュ東北/マックスバリュ西日本/松下電器産業/マルキュー/三重伸明/ミヅシマ工業/三菱地所/三菱商事/三菱電機グループ/三森屋/宮崎リコー/宮地機工/未来屋書店/名工建設/明治製菓/明治乳業/名鉄協商/メガペトロ/モスフードサービス/森永製菓/モリー/モリヤマ/森永乳業/ヤマサキ/山下事務機/山田五包装/山久/ヤヨイ食品/UCC上島珈琲/陽光社印刷/横河電機/与野フードセンター/ライオン事務器/リコー/リコー九州/リコー販売/リサイクルテック中部/理想科学工業/琉球ジャスコ/リンクスジャパン/リンテック/ローラアシュレイジャパン/六宝堂/YKKグループ/渡商会

【行政】77団体

独立行政法人宇宙航空研究開発機構/北海道/釧路市/千歳市/岩手県/宮城県/仙台市/石巻市/秋田市/山形県/福島県/いわき市/郡山市/茨城県/栃木県/館林市/川越市/所沢市/千葉県/市川市/千葉市/東京都/荒川区/板橋区/墨田区/世田谷区/目黒区/国分寺市/調布市/武蔵野市/神奈川県/横須賀市/横浜市/新潟市/富山県/高岡市/石川県/福井県/敦賀市/長野県/千曲市/岐阜県/安城市/可児市/浜松市/愛知県/名古屋市/三重県/亀山市/滋賀県/草津市/甲良町/高月町/野洲市/京都府/京都市/枚方市/尼崎市/西宮市/奈良県/鳥取県/島根県/岡山県/山口県/光市/山口市/東温市/高知県/福岡県/北九州市/福岡市/佐賀県/佐賀市/水俣市/宮崎県/小林市/鹿児島県
【民間団体】49団体

アース・リサイクルグループ/ACT53仙台/(特非)荒川クリーンエイド・フォーラム/(特非)エコネット上越/NPO法人えこひろば/エコルシオンエコリサイクルネットワーク/FoE Japan/神奈川県環境学習リーダー会/NPO法人環境工房ころころ/NPO法人環境市民/(特非)NPO環境フォーラム/NPO法人環境みらい塾/北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科/(財)休暇村協会/グリーングローブアジアパシフィック日本支部/グリーンコンシューマー研究会/グリコンクラブ安城/NPO法人コンベンション札幌ネットワーク/滋賀県立大学グリーンコンシューマーサークル/生活協同組合コープみえ/WWFジャパン/(特非)全国無洗米協会/(協)仙台清掃公社/大学生協東京事業連合/台東リサイクルネットワーク/特定非営利活動法人男女・子育て環境改善研究所/(財)地球・人間フォーラム/(社)鉄道貨物協会/(特非)東京・多摩リサイクル市民連邦/(財)西日本産業貿易コンベンション協会/(財)日本環境協会/(社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会/日本生活協同組合連合会/(財)日本品質保証機構/(財)ふくおか環境財団/福岡県生活協同組合連合会/福岡市地球温暖化防止市民協議会/福岡商工会議所/武蔵工業大学環境情報学部(横浜キャンパス)/立命館大学Reco.lab/ワーカーズ・ごみ問題研究会/グリーン購入ネットワーク/滋賀グリーン購入ネットワーク/みえ・グリーン購入倶楽部/みやぎグリーン購入ネットワーク/京都グリーン購入ネットワーク/九州グリーン購入ネットワーク・福岡/埼玉グリーン購入ネットワーク

                                   ※敬称略、順不同

ポスター掲示等の例 >>>

 

 

▲ Page Top

(参考) レジ袋削減効果 算出根拠

1.レジ袋使用量(国内)
・年間   :300億枚
・1人あたり:250枚/年、20.8枚/月
・GPN500万人グリーン購入一斉行動によるレジ袋削減効果:1億416万667枚/月・500万人

 

2.レジ袋1枚あたりのCO2排出量
・レジ袋1枚:9gと仮定
・レジ袋1枚:100g-CO2
レジ袋をすべて高密度ポリエチレン製レジ袋と仮定。高密度ポリエチレン製レジ袋1枚は、炭素換算すると0.0281kg(c)(プラスチック処理促進協会資料)。レジ袋1枚をCO2排出量に換算すると、炭素換算(0.0281kg(c))×44/12=0.103kg(CO2)≒100g-CO2。
・CO2削減効果:10,416.7t-CO2(1億416万667枚/月×100g-CO2/枚)

 

3.森林の二酸化炭素吸収量換算
・森林の二酸化炭素吸収量:540.8kg-CO2/月・ha
   (平成14年5月28日 第1回地球環境保全と森林に関する懇談会資料より参考))
・四国の面積=18,299.04 km2⇒1829.904ha
   1829.904ha×540.8kg-CO2=9,896.1kg-CO2(0.9t-CO2)
四国の面積を上回る森林1ヶ月のCO2吸収量に相当

 

4.CO2排出量換算
・日本の家庭からの二酸化炭素排出量:2,154.7kg-CO2/年・人、179.6kg-CO2/月・人
(家庭からの二酸化炭素排出量(一人当たり、燃料種別-2005年)全国地球温暖化防止活動推進センター)

   10,416.7t-CO2÷6179.6kg-CO2/月・人=57,999.4人

・逗子市人口:58,025人(平成17年国勢調査)の1ヶ月間のCO2排出量に相当

 

5.体積換算
・レジ袋1枚の厚さ:0.003cm(日本ポリオレフィンフィルム工業組合)
・レジ袋1億416万667枚の高さ:3,125m
赤石岳(南アルプス3,120m)に相当

 

6.重油換算
・300億枚:55万8,000キロリットル
・500万人の場合、193万7,500リットル(1,937,500リットル)の重油削減につながる

 

7.重量換算
・GPN500万人グリーン購入一斉行動によるレジ袋削減効果:1億416万667枚/月・500万人
・1億416万667枚/月・500万人×9g=937.5tのレジ袋削減につながる

 

 

▲ Page Top


ホーム事務局