平成19年度 環境省 「環境配慮型製品購入促進事業(その2)」

小規模地方公共団体のための

 

 

グリーン購入取組ガイドライン

 

制作協力:滋賀県立大学グリーンコンシューマーサークル


 

○『小規模地方公共団体のためのグリーン購入取組ガイドライン』とは click!

 

環境配慮型製品を優先的に購入する「グリーン購入」に取組みづらい小規模な地方公共団体であっても、グリーン購入に無理なく着手できるよう、「グリーン購入の考え方と実践方法」、「環境配慮型製品の選び方」等を紹介した基本的なガイダンスです。

 

 

「滋賀県立大学グリーンコンシューマーサークル」とは

 

主に彦根市内で活動を展開しているサークルで、以下のような目的で活動しています。

  a)実践:自分の知識を増やし、個々が『グリコン(グリーンコンシューマー)』を実践に移す。

  b)提言:様々な分野において、市民の立場から企業、行政等への提言をする。 

  c)啓発:市民へのアピールを行う。 

このような、グリーン購入を普及啓発する活動が評価されて、第8回グリーン購入大賞を受賞しています。

 

これらの活動実績から、滋賀県立大学グリーンコンシューマーサークルには、学生や一般消費者などに対してグリーン購入を普及する様々なノウハウや経験があります。この「グリーン購入取組ガイドライン」をグリーン購入にこれから着手する小規模な地方公共団体の担当者にもわかりやすい内容とするため、製作にご協力を頂きました。特に「具体的な環境配慮型製品の選び方」を紹介するパートについては、情報収集や取りまとめなど全面的な活動を頂きました。

 

齋藤友里

【担当】検討会やガイドライン製作の全体統括

中小田貴之

【担当】製品の選び方(文具、トイレットペーパー)

上村尚子

【担当】製品の選び方(自動車、庁舎管理)

向山千晶

【担当】製品の選び方(ファイル、照明)

中村信哉

【担当】製品の選び方(広報紙、コピー用紙)

文室友利

【担当】製品の選び方(エアコン、自動販売機)

阪井紗代

【担当】製品の選び方(パソコン、乾電池)

グリーンコンシューマーサークルのメンバーの詳細はこちら!

 ここで紹介した方々の他にも、多くのサークルメンバーに製作協力を頂きました。

 

 

平成18年度 環境省 「環境配慮型製品購入促進事業」ガイドライン製作に協力を頂いた主なサークルメンバー

武藤健司(サークル代表)

【担当】製品の選び方(コピー用紙、庁舎管理)

上村尚子

【担当】製品の選び方(広報紙、ファイル)、各分野の概要版イラスト作成

齋藤友里

【担当】検討会やガイドライン製作の全体統括

吉田徹

【担当】製品の選び方(パソコン)

向山千晶

【担当】製品の選び方(エアコン、詰め替え可能な文具)

文室友利

【担当】製品の選び方(トイレットペーパー、照明)

森雄一郎 

【担当】製品の選び方(自動車、自販機)

 ここで紹介した方々の他にも、多くのサークルメンバーにご協力頂きました。

 

ホームへGPN事務局