HOME > 優れた取り組み・事例 > アンケート調査 > 第5回グリーン購入アンケート結果報告

第5回グリーン購入アンケート結果報告

―グリーン購入の際の価格について重点的に調査―

グリーン購入の取組み状況グリーン購入の効果グリーン購入を取り巻く最近の状況変化価格について

主な調査結果

  • 紙類と「文具・事務用品」は8~9割、「コピー機類」「パソコン」「制服類」「自動車」は約半数の団体で取組まれている。
  • グリーン購入ネットワーク会員は、非会員に比べて取組みが大きく進んでおり、普及・啓発活動にも積極的。
  • グリーン購入の最大の効果は、「社員・職員の環境意識が高まった」(50%)。

価格・コストについて

  • コスト削減を効果に挙げる団体は11%。コスト削減の要因は、「ムダの見直しによる購入量削減」(55%)、「従来品より安く購入できた」(40%)など。
  • 最近の状況変化として「価格が下がった」を挙げた団体は36%に上る。
  • OA・印刷用紙、文具・事務用品、OA機器は、6割以上が「安い」か「同等」の価格と回答。
  • 40%が、多少価格が高くても環境配慮商品を買うと回答。

◆調査概要◆

【調査時期】
2000年10~11月
【調査対象】
1)2000年9~10月時点での会員2,178件
2)非会員の全国都道府県、市478件
3)非会員の上場企業844件(無作為抽出)
【発送件数】
3,500件
【有効回答数】
988件(有効回答率 28.2%)
【回答団体の属性】
◎企業 559社
[内訳1]:製造業 287、卸・小売業 161、サービス業・その他 111
[内訳2]:上場 253、未上場 251、不明 55
◎行政機関 385団体
◎民間団体・事業者団体 29団体
◎不明 15団体

[会員/非会員]会員680団体、非会員 308団体

主な調査結果(抜粋)

◆調査結果抜粋◆

1. グリーン購入の取組み状況

(1)グリーン購入の購入方針
(2)横断的なグリーン購入推進組織の有無
(3)グリーン購入実績の把握について

*(1)~(3)省略

(4)グリーン購入の対象分野と取組みのレベル
  • 紙類と「文具・事務用品」は、8~9割の団体で取組まれている。
  • 「コピー機・プリンタ」「パソコン」「制服、事務服、作業服」「自動車」は、約半数の団体で取組まれている。
  • GPN会員は、非会員に比べ取組みが大きく進んでいる。

グリーン購入の対象分野と取り組みレベル

(5)部品・原材料について
(6)職員や社員への啓発・教育活動

*(5)~(6)省略

(7)対外的に行っている普及推進活動
  • 一般消費者や顧客など外部に対して行っている主な普及・啓発活動は、「環境に配慮した商品の積極的な情報提供や販売」「環境に配慮した商品の展示会の開催」など。
  • GPN会員の方が対外的なグリーン購入の普及に積極的。

対外的な普及啓発活動

2. グリーン購入の効果

  • グリーン購入の最大の効果は、「社員・職員の環境意識が高まった」(50%)。
  • コスト削減を効果に挙げる団体は11%。コスト削減の要因は、「ムダの見直しによる購入量削減」(55%)、「従来品より安く購入できた」(40%)など。

グリーン購入実践の効果

3. グリーン購入の障害

*省略

4. グリーン購入を取り巻く最近の状況変化

  • 商品の豊富さ、情報の入手の容易さ、価格などの状況が良くなっている。
  • 「価格が下がった」と答えた団体は36%に上る。

グリーン購入を取り巻く状況の変化

5. 価格について

●OA機器、OA・印刷用紙、文具・事務用品は、6割以上が「安い」か「同等」の価格と回答。
●自動車と制服類は、まだ価格が高い傾向にある。

環境に配慮した商品と従来品との価格比較

6. 購入時に参考にしている環境情報

*省略

7. 個別商品毎の取組みについて

*省略

本件お問い合わせ:GPN事務局

TEL 03-3406-5155 / FAX 03-3406-5190