○バイオプラスチックの使用(製品本体)

塩ビ(ポリ塩化ビニル=PVC)の使用

※このガイドラインは社会状況の変化や新たな知見によって必要に応じて改定されます。
 

ガイドライン一覧へ戻る

ホーム

このガイドラインは、パーソナルコンピュータを購入する際に環境面で考慮すべき観点をリストアップしたものです。
 パソコンの購入にあたっては、以下の事項を考慮し、環境への負荷ができるだけ少ない製品を購入する。
1) 使用時・待機時の消費電力が小さいこと。(省エネ法、国際エネルギースタープログラムの基準を満たし、低電力モードでの消費電力が小さいこと)
2) 長期使用や再使用を可能にするため、性能向上や機能拡張ができること。また、修理体制が充実していること
3) 使用後に分解して部品の再使用や素材のリサイクルがしやすいように設計されていること
4) 製造事業者が、引き取った使用済み製品とその部品の再使用を積極的に進め、再使用できないものについては素材のリサイクル比率を高めるよう努めていること
5) 再生材料が多く使われていること
6) 鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、特定の臭素系難燃剤(PBBPBDE)を極力含まないこと
7) 同梱される自社製品のユーザーマニュアルの作成・印刷にあたって環境に配慮されていること
1997年11月27日制定
1998年12月17日改定
20042月23日改定
2007年1月13日
グリーン購入ネットワーク
「エコ商品ねっと」へ
パソコンとしては、クライアント型のうち、デスクトップ型及びノート型パソコンを対象とする。
周辺機器としては、モニター、ハードディスク、キーボード、マウス、各種ドライブ(CD、DVD、MO等)を対象とする。
上記機器に同梱されて販売される、ACアダプタ、ケーブル、スピーカー、ユーザーマニュアル、梱包材等も対象に含む。
[パソコン」購入ガイドラインのPDFファイル