HOME > GPNからのお知らせ > 【ご案内】「第19回グリーン購入大賞」審査結果発表

【ご案内】「第19回グリーン購入大賞」審査結果発表

グリーン購入ネットワーク(事務局:東京都中央区 会長:平尾雅彦)では、「持続可能な調達」を通じて、グリーン市場の拡大に貢献した取り組みやSDGsの目標達成に寄与する取り組みを表彰する「第19回グリーン購入大賞」の受賞団体を以下のとおり決定いたしました。
なお、表彰式は12月7日(金)10時10分より、エコプロ2018のイベントステージにて開催いたします。

詳細≫ プレスリリース「第19回グリーン購入大賞」審査結果発表


■審査結果について
【大賞・環境大臣賞】株式会社大川印刷(中小企業部門)
【大賞・経済産業大臣賞】ホットマン株式会社(中小企業部門)
【大賞・農林水産大臣賞】イオン株式会社(大企業部門)

【大賞】株式会社ファンケル(大企業部門)
【大賞】吹田市(行政・民間団体部門)
【大賞】横浜市資源リサイクル事業協同組合(行政・民間団体部門)

【優秀賞】UCC上島珈琲株式会社(大企業部門)
【優秀賞】カルネコ株式会社(中小企業部門)
【優秀賞】国際環境NGO FoE Japan(行政・民間団体部門)

【グリーン購入推進自治体特別賞】
横浜市(神奈川県)
妙高市(新潟県)
福井県
大阪府
長崎県
熊本市(熊本県)

■応募部門
大企業部門、中小企業部門、行政・民間団体部門

■審査方法・審査結果について
5月22日~7月31日に募集を行い、全国より応募のあった取り組みについて、書類による1次審査(9月3日)、プレゼンテーションによる本審査(10月15日)を経て、受賞団体を選定いたしました。
グリーン購入大賞「大賞」は大企業部門:イオン株式会社、株式会社ファンケル、中小企業部門:株式会社大川印刷、ホットマン株式会社、行政・民間団体部門:吹田市、横浜市資源リサイクル事業協同組合の6団体、「優秀賞」は大企業部門:UCC上島珈琲株式会社、中小企業部門:カルネコ株式会社、行政・民間団体部門:国際環境NGO FoE Japanの3団体に決定致しました。
「環境大臣賞」は株式会社大川印刷、「経済産業大臣賞」はホットマン株式会社、「農林水産大臣賞」はイオン株式会社への授与が決まりました。

■グリーン購入推進自治体特別賞(GPN選定)
第18回(2017年度)のグリーン購入大賞より、グリーン購入に関して、優れた取り組みを行っている地方公共団体を表彰するために「グリーン購入推進自治体特別賞」を設けました。
「グリーン購入推進自治体特別賞」は、環境省が運営する「グリーン購入取組事例データベース」の掲載情報(調達方針の有無、組織的に取り組む分野数、調達実績)を基にGPNが独自に評価し、全国1,788団体の中から最上位の団体(満点を獲得した団体、かつ過去に受賞歴のない団体)を表彰するものになります。
昨年の受賞団体は猿払村(北海道)、仙台市(宮城県)、東根市(山形県)、多治見市(岐阜県)、長崎市(長崎県)の5団体になります。

■審査総評:審査委員長 平尾雅彦GPN会長(東京大学大学院教授)
グリーン購入ネットワークは、持続可能な購入活動の促進に活動領域を広げることを、今年度の活動方針として掲げています。そして、この活動方針の具体化の一つとして、第19回グリーン購入大賞では、従来のグリーン市場の拡大と発展に貢献した取り組みに加え、遵法性や労働者の権利等の社会課題を考慮した持続可能な調達、SDGsの目標達成に寄与する消費と生産の取り組みへと、表彰する活動領域を拡大しました。
今回は、地域循環を体感できる市内の産地巡回ツアーや小売店の売り場における消費者へのメッセージ、教材の開発等、生産者と消費者をつなぎ、原材料の栽培・調達時における想いや価値を伝えるコミュニケーションに趣向を凝らした応募が多く見られました。中小企業では、フェアトレード製品やカーボン・オフセット製品、ゼロカーボンプリントの普及に向けた取り組みの応募がありました。多くの応募はSDGsの目標達成とのつながりも明らかにしており、「購入」の場での工夫や実践がグリーン市場の拡大と発展を通してSDGsの目標達成に有効であることを分かりやすく示すことができました。

■表彰式について
【表彰式】2018年12月7日(金)10:10~11:10
エコプロ2018 イベントステージ (東京ビッグサイト・東3ホール)

■グリーン購入大賞
グリーン購入大賞は、環境に配慮した製品やサービスを環境負荷低減に努める事業者から優先的に購入する「グリーン購入」の普及・拡大に取り組む団体を表彰する制度として、1998年に創設しました。19回目となる今回より、社会における持続可能な調達の促進を図るために、気候変動の抑制や生物多様性の保全、資源循環の高度化等の環境の側面を中心とした取り組みに加えて、操業の遵法性や労働者の権利、貧困等の人に関わる社会課題を考慮した調達など、SDGsの目標達成に寄与する取り組みも応募対象とし、持続可能な調達を通じたグリーン市場の拡大への貢献という観点から審査・評価を行いました。


■主催:グリーン購入ネットワーク(GPN)

■後援:環境省、経済産業省、農林水産省、日本経済団体連合会、WWFジャパン、読売新聞社、
毎日新聞社、日刊工業新聞社、日経BP社、東洋経済新報社、株式会社共同通信社


【お問合せ】 グリーン購入ネットワーク(GPN)事務局 担当:竹内
TEL.03-5642-2030 FAX.03-5642-2077 E-mail:gpn☆gpn.jp(☆を半角@に変える)

twitterにつぶやく

お知らせを配信したい方はコチラ