会員団体合計1,287
団体(企業1,056、行政100
民間団体131
2022412日時点
> >

参加者リスト

参加団体

  • 参加者数
    団体名
    メッセージ
  • レジ袋を有償化したスーパーでは、マイバック持参率が高いですが、無償で貰えるスーパー・コンビニでは持参率が低いのが現状です。「買い物に行く時は100%マイバックを持参する」を、今回の運動目標にしようと思っています。
  • 随分浸透してきたと感じています。
  • 6
    オフィストータル株式会社
    従業員みんなで意識して、少しのことからコツコツと???環境保全に役立てるよう取り組みます!
  • 環境破壊抑制に少しでも貢献出来る様に頑張ります。
  • 環境に配慮した行動を心がけていきます。社内に環境を意識した輪を広げていきます。
  • 東大阪市では、職員にレジ袋をもらわないよう呼びかけています。
  • もらわないのはもちろん、製造業として無駄な梱包をしない!も徹底していきます。
  • 全社的運動として「グリーン購入」を推進している。
  • 職場の人たちに普段からエコバックを携帯するように声かけをします。
  • 美しい地球、汚さない。を心掛けましょう。
  • 「1人の100歩より100人の1歩」全役職員にキャンペーンへの参加を呼びかけ、ライフスタイルの見直しを提案します!
  • 「タダでも要らないものは受け取らない」がフツーになるといいですね。
  • いつも買い物バックやカゴ持参ですが、強化月間ということで参加します。
  • イオンは6月の「環境月間」に合わせ、お客さまとともに取り組んでいる「買物袋持参運動」の一環として、「イオン マイバッグ デザインコンテスト」を開催し、イオンで販売するマイバッグのデザインをお客さまから募集します。
  •  
     
      

個人

お名前
メッセージ
中野邦夫
昨年4月から中野区が始め?たペットボトル破砕回収機でポイントをためよう?(1本2ポイントで、500ポイントで50円の商品券に交換)に協力し、イベントに参加したときに会場に散乱しているペットボトルを回収したり、愛犬の散歩時に路端や公園の散乱ペットボトルを持ち帰り区内の実施店舗の破砕機に投入したところ、1年間で約2580ポイント(約5200本)になりました。ちりも積もれば山になるのいい例です。マイバック・マイバスケットの利用、太陽光パネルの屋根への設置など自分でできることを続けます。
matuyama kei
藤井公子
気をつけます。レジ袋お断りしているつのにもりだったのにいつの間にかふくろが貯まっています。
渡辺 寛
一人一人の意識を高めて未来に希望を伝えましょう。
村井あけみ
小さなことでもコツコツとで、地球温暖化防止につながりますね。
伊藤 万季
それはもう、頑なに、もらわないよっ!
マルコ
昔からマイバッグを愛用しています。最近ようやく浸透してきたレジ袋有料化を、もっともっと広めたい!
深津学治
隗より始めよう!
牧絵
以前から袋は…と思っていましたが、映画Trashedを見てからは、本当にもらうのをやめようと思い、実践しています。ただ、旦那は相変わらずなので…。
馬場 幸
いつもより頑張ります!
川越雅樹
買物をするにあたっては、エコバッグを使用することはもちろん、可能な場合はプラスチック容器包装を避けて製品を選択しています。(缶・瓶等)また、野菜などを購入するときは地元産を選択しています。
  
  
エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク