HOME > GPNからのお知らせ > 【ご案内】みやぎGPN「グリーン購入事業所見学会」開催(7/2)

【ご案内】みやぎGPN「グリーン購入事業所見学会」開催(7/2)

 

みやぎグリーン購入ネットワークでは「グリーン購入事業所見学会」を開催します!
事業者や自治体がグリーン購入に率先して取り組んでいく先進事例として、大崎市の有限会社千田清掃のバイオディーゼル燃料製造施設と加護坊温泉さくらの湯の大崎市太陽光発電・木質ボイラー複合利用施設および隣接するさくらソーラーパークの見学会を開催いたします。
当見学会で一気に最新の施設を見学できる絶好の機会です。昼食会場となる食の蔵 醸室(かむろ)の商業施設で大崎市の郷土料理や物産品をお楽しみいただけるほか、加護坊温泉さくらの湯に入浴も可能です。
大崎市の魅力をたっぷりと楽しめる機会ですので、どうぞお気軽にご参加ください。
≫ チラシ「グリーン購入事業所見学会」
日時:平成27年7月2日(木) 8時40分集合
集合・解散:仙台駅前東口貸切バスターミナル (第一観光バス)
定員:45名 (6月5日(金)まで先着順・定員になり次第締め切ります)
参加費:みやぎグリーン購入ネットワーク会員 2,000円
一般 3,000円
※当日集金
※昼食は個人負担となり、参加費には含まれておりません。
酒蔵醸室(かむろ)の飲食店でご自由にお取りください。
→http://www.every-osaki.com/detail/index_127.html
主催:みやぎグリーン購入ネットワーク
共催:宮城県 
■申込方法
申込書に必要事項をご記入のうえFAXまたはEメールにて送信ください。
<申込先>
FAX:022-375-7797  Email:m-green@miyagigpn.net
■見学会プログラム
8:30  集合 仙台駅前東口貸切バスターミナル
10:00 有限会社千田清掃 (第16回グリーン購入大賞審査委員会特別賞受賞)
11:30 昼食 大崎市食の蔵 醸室(かむろ) (所要時間1時間半)
13:30 加護坊温泉さくらの湯・さくらソーラーパーク
(1)大崎市太陽光発電・木質ボイラー複合利用施設について
大崎市産業経済部産業政策課係長 髙橋直樹氏
(2)大崎の環境保全・渡り鳥について
NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ 副理事長 戸島潤氏
(3)さくらソーラーパークについて
おおさき未来エネルギー(株) 代表取締役副社長 千田信良氏
14:30 大崎市太陽光発電・木質ボイラー複合利用施設、さくらソーラーパーク施設見学
15:00 自由行動 (産直市場で買い物、さくらの湯に入浴など。大人500円)
※入浴希望の方はタオルをご持参ください
15:45 出発
17:00 解散 仙台駅前東口貸切バスターミナル
■見学先概要
<大崎市>http://www.city.osaki.miyagi.jp/index.cfm/24,1133,107,232,html
平成27年3月、加護坊温泉さくらの湯の敷地内に市太陽光発電・木質バイオマス複合利用施設が完成。太陽光発電と木質バイオマスボイラーがパッケージになった施設は国内初。災害支援ボランティアのベースキャンプとして利用された実績もあり、災害への対応力強化も図っている。(詳細はチラシへ)
<有限会社千田清掃>http://www.clean77.jp/
大崎市バイオマス利活用推進委員に選任され「おおさきバイオディーゼル燃料地域協議会」立ち上げに参加。平成21年度・農水省バイオ燃料地域利用モデル実証事業に採択され、耕作放棄地や津波で被害を受けた塩害農地再生等の菜の花プロジェクトを東北大学や大崎市や大衡村と連携し進めている。(詳細はチラシへ)
<NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ>http://www5.famille.ne.jp/~kabukuri/
蕪栗沼は渡り鳥マガンの越冬地として、国際的に重要な湿地を保護するラムサール条約に登録されている。蕪栗ぬまっこくらぶは、蕪栗沼を保全する活動を行うため1997年に設立され、2000年にNPO法人となり、現在約200名のサポーターと8名の理事、4名の常勤職員によって運営されている。(詳細はチラシへ)
<おおさき未来エネルギー株式会社> 
大崎市内の企業5社、タカツカホールディングス、千田清掃、古川土地、古川ガス、サステナジーが出資し、おおさき未来エネルギー(株)を設立。大崎市田尻にある加護坊温泉さくらの湯隣接の大崎市市有地に大規模太陽光発電事業所「さくらソーラーパーク」を平成26年10月建設。建設工事の燃料はバイオ燃料を使用した。(詳細はチラシへ)
■お問合せ・申込
みやぎグリーン購入ネットワーク事務局
〒981-3121 仙台市泉区上谷刈三丁目10-6(NPO法人環境会議所東北内)
TEL:022-218-5451      FAX:022-375-7797
E-mail: m-green@miyagigpn.net  URL: http://www.miyagigpn.net

みやぎグリーン購入ネットワークでは「グリーン購入事業所見学会」を開催します!

事業者や自治体がグリーン購入に率先して取り組んでいく先進事例として、大崎市の有限会社千田清掃のバイオディーゼル燃料製造施設と加護坊温泉さくらの湯の大崎市太陽光発電・木質ボイラー複合利用施設および隣接するさくらソーラーパークの見学会を開催いたします。

当見学会で一気に最新の施設を見学できる絶好の機会です。昼食会場となる食の蔵 醸室(かむろ)の商業施設で大崎市の郷土料理や物産品をお楽しみいただけるほか、加護坊温泉さくらの湯に入浴も可能です。

大崎市の魅力をたっぷりと楽しめる機会ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

チラシ「グリーン購入事業所見学会」

日時:平成27年7月2日(木) 8時40分集合
集合・解散:仙台駅前東口貸切バスターミナル (第一観光バス)
定員:45名 (6月5日(金)まで先着順・定員になり次第締め切ります)
参加費:みやぎグリーン購入ネットワーク会員 2,000円
    一般 3,000円
    ※当日集金
    ※昼食は個人負担となり、参加費には含まれておりません。
     酒蔵醸室(かむろ)の飲食店でご自由にお取りください。
主催:みやぎグリーン購入ネットワーク
共催:宮城県 

■申込方法
チラシの申込書に必要事項をご記入のうえFAXまたはEメールにて送信ください。
<申込先>
FAX:022-375-7797  Email:m-green@miyagigpn.net

■見学会プログラム

8:30  集合 仙台駅前東口貸切バスターミナル
10:00 有限会社千田清掃 (第16回グリーン購入大賞審査委員会特別賞受賞)
11:30 昼食 大崎市食の蔵 醸室(かむろ) (所要時間1時間半)
13:30 加護坊温泉さくらの湯・さくらソーラーパーク
    (1)大崎市太陽光発電・木質ボイラー複合利用施設について
      大崎市産業経済部産業政策課係長 髙橋直樹氏
    (2)大崎の環境保全・渡り鳥について
      NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ 副理事長 戸島潤氏
    (3)さくらソーラーパークについて
      おおさき未来エネルギー(株) 代表取締役副社長 千田信良氏
14:30 大崎市太陽光発電・木質ボイラー複合利用施設、さくらソーラーパーク施設見学
15:00 自由行動 (産直市場で買い物、さくらの湯に入浴など。大人500円)
     ※入浴希望の方はタオルをご持参ください
15:45 出発
17:00 解散 仙台駅前東口貸切バスターミナル

■見学先概要

大崎市
平成27年3月、加護坊温泉さくらの湯の敷地内に市太陽光発電・木質バイオマス複合利用施設が完成。太陽光発電と木質バイオマスボイラーがパッケージになった施設は国内初。災害支援ボランティアのベースキャンプとして利用された実績もあり、災害への対応力強化も図っている。(詳細はチラシへ)
 

有限会社千田清掃
大崎市バイオマス利活用推進委員に選任され「おおさきバイオディーゼル燃料地域協議会」立ち上げに参加。平成21年度・農水省バイオ燃料地域利用モデル実証事業に採択され、耕作放棄地や津波で被害を受けた塩害農地再生等の菜の花プロジェクトを東北大学や大崎市や大衡村と連携し進めている。(詳細はチラシへ)
 

NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ
蕪栗沼は渡り鳥マガンの越冬地として、国際的に重要な湿地を保護するラムサール条約に登録されている。蕪栗ぬまっこくらぶは、蕪栗沼を保全する活動を行うため1997年に設立され、2000年にNPO法人となり、現在約200名のサポーターと8名の理事、4名の常勤職員によって運営されている。(詳細はチラシへ)

<おおさき未来エネルギー株式会社> 
大崎市内の企業5社、タカツカホールディングス、千田清掃、古川土地、古川ガス、サステナジーが出資し、おおさき未来エネルギー(株)を設立。加護坊温泉さくらの湯隣接の大崎市市有地に大規模太陽光発電事業所「さくらソーラーパーク」を平成26年10月建設。建設工事の燃料はバイオ燃料を使用した。(詳細はチラシへ)

■お問合せ・申込

みやぎグリーン購入ネットワーク事務局
〒981-3121 仙台市泉区上谷刈三丁目10-6(NPO法人環境会議所東北内)
TEL:022-218-5451      FAX:022-375-7797
E-mail: m-green@miyagigpn.net  URL: http://www.miyagigpn.net

 

twitterにつぶやく

お知らせを配信したい方はコチラ