会員団体合計1,289
団体(企業1,059、行政103
民間団体127
20211112日時点
> > 【募集】GPN共催「市民と地方公共団体の消費活動に関する環境配慮行動と課題を考える」(7/12)

【募集】GPN共催「市民と地方公共団体の消費活動に関する環境配慮行動と課題を考える」(7/12)

GPNイベント2021-05-19

GPNは、7月12日(月)に日本LCA学会 環境教育研究会が主催する第32回研究会「市民と地方公共団体の消費活動に関する環境配慮行動と課題を考える」に共催として参画し、GPN会員団体の皆さまを対象に参加者を募集します。当日はセミナー形式となりますので、ご関心のある方はぜひご参加ください。
深津GPN事務局長も、「地方公共団体のグリーン購入取り組み状況-行政が抱える課題と消費者への啓発-(仮)」をテーマに登壇します。

>>>参加申込は「こちら


【開催主旨】
日本LCA学会環境教育研究会では、LCT環境教育の本質的な活動を検討することを目指して研究会活動を続けております。
第32回研究会では、「消費者」の環境配慮行動の現状を捉えるために、市民と地方公共団体の2つの属性から考える機会として、“市民の環境配慮行動実施状況の把握と心理因子の関連評価”等の研究活動を推進されている栗栖聖准教授(東京大学)と、国内のグリーン購入の推進を目指す全国組織であるグリーン購入ネットワーク(GPN)の深津学治事務局長が講演いたします。
今回、環境教育研究会の活動を多くの方に知っていただくことを目的に、研究会を公開とすると共に、LCT環境教育にご関心ある方に今後の研究会の活動に参画いただければと考え、学会員以外も参加できる枠組みとして、グリーン購入ネットワーク(GPN)と共催して開催いたします。
ご参加をお待ちしております。


■開催概要
日 時  :2021年7月12日(月) 14:00~16:00
方 法  :Zoom(ミーティング)
主 催  :日本LCA学会環境教育研究会
共 催 :グリーン購入ネットワーク(GPN)
対 象  :GPN会員、日本LCA学会(学会員・賛助会員)
定 員  :50人
参加費 :GPN会員/日本LCA学会(学会員・賛助会員) 無料


■プログラム
1.消費者における環境配慮行動の実態-情報提供とLCT教育の可能性-(仮)
講師:東京大学 大学院工学系研究科 都市工学専攻 栗栖聖准教授

2.地方公共団体のグリーン購入取り組み状況-行政が抱える課題と消費者への啓発-(仮)
講師:GPN事務局長 深津学治

3.意見交換/質疑応答
進行:日本LCA学会 環境教育研究会 主査:松本真哉(横浜国立大学/GPNアドバイザー)


■参考
日本LCA学会
日本LCA学会環境教育研究会


■お問い合わせ
グリーン購入ネットワーク(GPN)事務局 担当:竹内・深津

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク