会員団体合計1,304
団体(企業1,072、行政103
民間団体129
202234日時点
> > 【案内】フェアトレード月間「フェアトレードミリオンアクションキャンペーン」

【案内】フェアトレード月間「フェアトレードミリオンアクションキャンペーン」

グリーン購入紹介2022-05-09

認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパンは、「世界フェアトレード・デー(5月の第2土曜日)」に合わせ、今年5月のフェアトレード月間に全国で「フェアトレード 100万(ミリオン)アクションキャンペーン」を実施いたします。

>>> フェアトレードミリオンアクションキャンペーン(認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン)


今回、「フェアトレード ミリオンアクションキャンペーン」をGPN会員団体のみなさまへご案内致します。


■2022 Campaign Concept
Choose Fairtrade
サステナブルな未来のためにできること

■ミリオンアクションキャンペーンとは?
5月の第2土曜日は「世界フェアトレード・デー」と呼ばれ、世界中で一斉にフェアトレードに関するイベントが行われます。これに合わせて、日本でも5月は「フェアトレード月間」と呼ばれています。
2022年は昨年同様に、日本全国でフェアトレードに関する「商品購入」「SNS投稿」「イベント参加」などで合計150万アクションを目指す「ミリオンアクションキャンペーン」を実施します。この機会に多くの方にフェアトレードを知り楽しんでいただけるよう、日本全国でお店やレストラン、企業、学校、自治体等も参加して、様々なイベントや仕掛けを用意しています。是非、一緒にご参加ください!

■キャンペーンに込めた想い:認定NPO法人フェアトレード・ラベル・ジャパン 事務局長 潮崎 真惟子氏
今なお続く感染症の影響や気候変動は、私たちの住む日本よりもさらに大きな打撃を途上国の生産者や子ども達にもたらしています。気候変動の影響で2050年にはアラビカコーヒー豆の栽培地は半分にまで減少してしまうとも言われ、対策は待ったなしの状況です。
そんな世界で、私たちひとりひとりが日々の生活で出来ることは何か、この1年で考え動き始める人がこの日本でも増えてきました。そんな皆さんが誰でも気軽に参加できる、年に1度の全国キャンペーンです!
フェアトレードは貧困や気候変動、児童労働などに取り組める世界最大の仕組みの1つです。でも、欧米諸国と比べて日本では約1/20しか広がっていません。もっと世界に貢献できる、大きな伸びしろがあるのです。
今年は本当に素敵なアンバサダーの皆さまにもお力添えいただきます!この1か月で、皆さんと一緒に日本のフェアトレードとエシカル消費を大きく変えていきたいと思います。


■キャンペーンの参加方法
買ってみよう:お店でフェアトレード商品を探して買ってみよう

味わってみよう:対象店舗でフェアトレードスペシャルメニューを味わってみよう

SNSで広めよう:#FairtradeAction2022を付けて投稿発信しよう

交流しよう:様々なキャンペーンイベントに参加してみよう

応募しよう:フェアトレード認証製品を買って、ギフトキャンペーンに応募しよう

1コメント、1アクション:1分で簡単に参加できる 1コメント、1アクション!

応援しよう:フェアトレード活動に寄付して応援しよう


■GPNよりご案内
GPNでは、2018年度より社会における持続可能な調達(消費と生産)の促進を図るために、調達を通じて、脱炭素社会の実現や生物多様性の保全、資源循環の高度化等の環境の側面を中心とした取り組みに加えて、操業の遵法性や労働者の権利、貧困等の人に関わる社会課題を考慮した調達の推進を進めています。今回、フェアトレード月間に合わせ、5月24日(火)にGPN・FLJ共催セミナー「消費と生産から考えるフェアトレード ~社内浸透と協働機会の創出に向けて~」を開催致します。是非ご参加ください。

GPN・FLJ共催セミナー「消費と生産から考えるフェアトレード ~社内浸透と協働機会の創出に向けて~」(5/24・オンライン)


■お問い合わせ
グリーン購入ネットワーク(GPN)事務局 担当:竹内・深津

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク