HOME > GPNからのお知らせ > 【ご案内】クリーンウッド法の運用案についての意見募集開始(-3/23)

【ご案内】クリーンウッド法の運用案についての意見募集開始(-3/23)

ガイドライン2017.02.23

合法木材の利用を推進する目的で制定された「クリーンウッド法(合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律)」は、2017年5月20日に施行されます。
農林水産省、国土交通省、経済産業省はクリーンウッド法の運用案を公表し、この運用案についての意見募集が開始されました。(3月23日まで)

詳細≫ 合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律施行規則案等についての意見・情報の募集について

 

具体的な対象品目(案)は、製材や集成材、合板、丸太やペレットなどの木質材料、木質バイオマス発電に使用される材と、以下に示す家具、紙等の物品も対象となります。

<家具、紙等の物品>
(1)椅子、机、棚、収納用じゅう器、ローパーティション、コートハンガー、傘立て、掲示板、黒板、ホワイトボード及びベッドフレームのうち、部材に主として木材を使用したもの
(2)木材パルプ
(3)コピー用紙、フォーム用紙、インクジェットカラープリンター用塗工紙、塗工されていない印刷用紙、塗工されている印刷用紙、ティッシュペーパー及びトイレットペーパーのうち、木材パルプを使用したもの
(4)フローリングのうち、基材に木材を使用したもの
(5)木質系セメント板
(6)サイディングボードのうち、木材を使用したもの
(7)(1)から(6)までに掲げる物品の製造又は加工の中間工程で造られたものであって、以後の製造又は加工の工程を経ることによって当該物品となるもののうち、木材又は木材パルプを使用したもの


*「クリーンウッド法」に関するGPNの活動
【2015年5月】
記事紹介:合法木材制度の抜本的な強化が民間へも拡大予定

【2016年4月】
NGOリリース「日本に実効性ある違法伐採対策法の導入を」に賛同しています

【2016年5月】
「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」が成立しました

twitterにつぶやく

お知らせを配信したい方はコチラ