HOME > GPNからのお知らせ > 【ご案内】震災から6年:防災対策と環境負荷低減-備蓄品の賢い利用/電力のグリーン購入

【ご案内】震災から6年:防災対策と環境負荷低減-備蓄品の賢い利用/電力のグリーン購入

まもなく東日本大震災から6年、熊本地震から1年を迎えます。
被災された皆さまにお見舞い申し上げると共に、一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

未曾有の大災害は、電力やガスなどのエネルギー需給や防災備蓄をはじめ、私たちの暮らしを見つめ直すきっかけになりました。GPNでは、震災後2011年度の「東日本大震災・GPN応援プロジェクト」から、2015年度の「備蓄品の賢い利用~備蓄品は期限前に使って補充~」の呼びかけ、2016年度の「電力のグリーン購入」の促進などの情報提供に取り組んでいます。

エコプロ2016では、GPNブースに展示した「GPN News」の環境マンガ「サバ・メシ(サバイバル・メシ)」について、防災備蓄品を期限前に賢く使うためのレシピを来場者の方々に紹介すると、環境に配慮した調理方法に始まり、「普段の調理やキャンプの炊事で挑戦してみようか」といった具体的な行動につながる話題になることもありました。

災害から得た貴重な教訓を十分に活かし、これからも防災対策の充実と同時に環境負荷の低減を図る継続した取り組みが望まれます。


<職場・地域・自宅で今日からできること>

備蓄品の賢い利用-備蓄品は期限前に使って補充-
【ランニングストック】日頃から備蓄品の利用・補充を行う
備蓄品の保存期限を確認、補充し、期限が近い(古い)ものから使います。

【サバ・メシ(=サバイバル・メシ)】備蓄品を期限前においしくいただき、訓練にも環境に配慮した調理にもなる。災害時に必要な『非常食』を身近にある食材を使って、簡単に、安く、しかもよりおいしくする!
仙台市泉地区婦人防火クラブ連絡協議会の「サバ・メシ」レシピ
「水でOK!アルファ米でつくる“切干大根と芽ひじきの炊き込みご飯”」

電力会社はどう選んだらいい?「電力のグリーン購入」

 
<忘れない3.11 震災後のGPNの取り組み>

東日本大震災・GPN応援プロジェクト(2011年度)

現地からの報告-被災地の今を知る
GPNNews第81号(別冊版)東日本大震災・GPN応援プロジェクトチャリティ報告会「現地からの報告 -被災地の今を知る」実施報告
GPNNews第81号(2011年6月)「巻頭特集 東日本大震災-今、GPNができること」
GPNNews第82号(2011年8月・10月合併号)「東日本大震災-被災地の今-」
【節電特集】
GPNNews第81号(2011年6月)「節電特集 エコで夏の電力不足を乗り切ろう! 」


グリーン購入全国フォーラム2012in仙台資料集(2012年度)
-「忘れない3.11」から生まれるグリーン購入の新たな視点-

twitterにつぶやく

お知らせを配信したい方はコチラ