会員団体合計1,336
団体(企業1,102、行政109
民間団体125
2019823日時点
>

備蓄品の賢い利用/サバ・メシ

GPN500万人一斉行動 第12回だれでもできる!減装ショッピング〜買う時に考えよう 容器包装ごみの減量〜

「ランニングストック(ローリングストック)」と「サバ・メシ(=サバイバル・メシ)」

災害備蓄用品の一生を考える

東日本大震災後に購入した災害備蓄用品の中に、保存期限が近づいているものはありませんか。
災害発生時に必要な量の備蓄品を維持するとともに、「災害備蓄用品の一生」を考えた、適切な量の調達やストックの経年管理、保存期限前の利用などは、防災対策の充実と同時に環境負荷とコストの低減にもつながります。

■日頃から備蓄品の利用・補充を行う「ランニングストック(ローリングストック)」

備蓄食品などをまとめて購入・保管し特定の日に備蓄食品を使って料理をする、というよりも、日頃から少しずつ買い置きをして、日常の食事のときに日付の古いものから徐々に使っていきます。 災害に備えつつ、期限切れの備蓄品の廃棄を避けることができます。

■災害時に調理可能なサバイバル性の高いご飯(メシ):サバ・メシ

災害時に電気・ガス・水道の使用が困難な状況を想定して、備蓄食品や水、自宅にある食材を使い、水道や光熱の制約を考えて洗い物も少ない調理法により、おいしく食事を作る工夫をします。 防災意識が高まると同時に、環境に配慮した調理法になり、備蓄品をムダなく使うことができます。

» 資料 GPN News第98号

■「サバ・メシ」を広めよう!三角POP

備蓄品を期限前においしくいただき、訓練にもなり、環境に配慮した調理もできる「サバ・メシ」!
まんがで紹介する三角POPをご用意しました。
来客コーナーなどに置いて、ぜひご活用ください。

「サバ・メシ」を広めよう!三角POP

サバ・メシ レシピ

サバ・メシ レポート お待ちしています

「サバ・メシをつくってみた」、「新作レシピを考えた」などの事例をgpn★gpn.jp(★を半角@に変える)へお送りください。

【送り方】

メールの件名:サバ・メシに挑戦!

  • サバ・メシの写真 または図
  • コメント(簡潔に1行程度)
    Aつくってみた
    B新作レシピ

※ご提供いただいた情報及びメールアドレスは、本活動以外に使用いたしません。

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク