会員団体合計1,304
団体(企業1,072、行政103
民間団体129
202234日時点
> > 【環境省】「グリーン購入法基本方針」変更発表(2/4閣議決定)

【環境省】「グリーン購入法基本方針」変更発表(2/4閣議決定)

ガイドライン2014-02-04

環境省より「グリーン購入法基本方針」の変更(閣議決定2月4日(火)が発表になりました。
今回の変更では新たに「会議運営」が追加され、35品目の判断基準等の見直しが行われました。平成26年度対象品目は19分野 267品目となり、本年4月より適用となります。

  ●  「環境物品等の調達の推進に関する基本方針」の変更点
      http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17710

  ●  環境物品等の調達の推進に関する基本方針(平成26年2月4日閣議決定)
      http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/g-law/kihonhoushin.html

  ●  グリーン購入法に係る特定調達品目及びその判断の基準等の見直し(案)
    に対する意見募集の結果(お知らせ)
      http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=17710

 


■ グリーン購入法基本方針説明会について

今回変更された基本方針の内容について、国等の機関、地方公共団体及び関係事業者の皆様を対象に、全国8箇所で説明会を開催します。参加を希望される方は、申込要領に従ってメールにてお申し込みください。詳細については、環境省ホームページに掲載しています。
<アドレス>
http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/g-law/block_brief/index.html


 

【概要】
◎新規の追加品目(1品目)
    [1]「会議運営」

◎主な品目における基準の見直し
    [1]「紙類」
          古紙及び古紙パルプ配合率の定義を記載
         備考の修正(竹パルプを「間伐材等」に位置付け)
    [2]「文具類、オフィス家具等」
         古紙及び古紙パルプ配合率の定義を記載
    [3]「OA機器」
         消費電力基準の見直し(国際エネルギースター改定の反映)
         (コピー機等、プリンタ、ファクシミリ、スキャナ、ディスプレイ)
         水銀ランプの回収システム構築を判断の基準に適用(経過措置の終了)(プロジェクター)
    [4]「家電製品」
         エネルギー消費効率基準に係る経過措置の延長(電気冷蔵庫、電気便座)
    [5]「温水機等」
         消費電力基準の見直し(ヒートポンプ式電気給湯器)
         (省エネ法トップランナー基準の反映)
    [6]「照明」
         水銀封入量の基準値強化
         エネルギー消費効率基準に係る経過措置の終了(蛍光灯照明器具)
         備考の修正(JIS 制定に伴うJIS No.の記載)
    [7]「自動車等」
         備考の修正(E10 ガソリンを追記)
    [8]「公共工事」
         JIS 規格適合品は判断の基準を満たす旨の追記(8品目)
         日射反射率保持率に係る経過措置の延長(高日射反射率塗料)
         照明制御システムの対象にLED 照明器具を追加
    [9]「役務」
        「会議運営」を特定調達品目として追加
        JIS 規格適合品は判断の基準を満たす旨の追記(自動車専用タイヤ更正

 

 

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク