HOME > グリーン購入のガイドライン > 大・小便器、水栓金具(トイレ設備 購入ガイドライン)

大・小便器、水栓金具(トイレ設備 購入ガイドライン)

以下のポイントに沿って商品を選びましょう。

洗浄水量が適切なもの

トイレで使う水は、家庭における使用水量の約28%と、一番大きい割合を占めています。JIS 規格では、節水型大便器の1回当たりの洗浄水量を、8.5L/回以下や10.5L/回以下と規定しています。

上水道の製造や下水の処理にも電力を使用しており、トイレや手洗いに上水を使用したり、トイレや手洗いに使用した水を浄化するために、間接的に地球温暖化影響のあるCO2 を排出していることになります。

水資源保全や温室効果ガスのCO2 削減のために、使用水量ができるだけ少ない製品を選ぶことが大切です。

長く使えるように修理体制が充実している

一度購入した製品はできるだけ大切に長く使うことが必要です。メーカーでは製造打ち切り後、一定期間交換部品を保有しています。家電製品は、省資源や製造過程での消費エネルギーの削減からも、長く使うことが必要です。そのためにもアフターサービスが充実したメーカーの製品を選びましょう。

更に詳しい情報は、下記ボタンよりPDFをダウンロードしてご確認ください。

PDFダウンロード