会員団体合計1,350
団体(企業1,115、行政110
民間団体125
2019620日時点
> >

印刷サービス 発注ガイドライン

対象の範囲

このガイドラインは、紙の印刷物をオフセット印刷およびデジタル印刷で発注する際に考慮すべき重要な観点をリストアップしたものです。またこのガイドラインは、発注者自らが印刷物の仕様を検討し、印刷事業者とコミュニケーションを円滑に図るための「発注者向けチェックリスト」としています。

チェックリスト

このガイドラインは、4つの項目に分かれており、発注者自身が環境に配慮した印刷物を作る上で考慮しなければならない項目をチェックリスト形式にまとめています。構成は、【1.印刷物の用途・企画の決定】【2.印刷物の仕様等】【3.識別表示と環境配慮情報の提供】【4.印刷事業者の選定で考慮すべき事項】となっており、各ガイドラインの項目はチェックリスト方式になっています。 ガイドラインは発注者が印刷物の作成を考える上で使用することはもちろん、「印刷事業者の環境配慮の取り組みチェックリスト」を印刷事業者へ渡して回答シートとすることで、印刷事業者を選定する際の情報収集・選定にも使用することができます。

「印刷サービス」発注者向けチェックリスト

【1.印刷物の用途・企画の決定】
  • 印刷物作成の前段階で、電子媒体での代用を検討する
  • 印刷前に適切なサイズ・頁数・必要部数を考える
  • 校正の回数が少なくて済むように完成原稿での入稿に努める
【2.印刷物の仕様等】
  • 用紙

    1)GPN-GL1「印刷・情報用紙」グリーン購入ガイドラインに沿って用紙を選ぶ

    2)リサイクルに適した紙を使う

  • インキ

    1)人や健康への安全性が確認されているインキを選ぶ

    2)リサイクルしやすいインキを使う

    3)VOCの発生が少なくて済むインキを選ぶ

  • 表面加工

    1)表面加工(フィルム貼り、ニス引き)の必要性の有無を考慮する

    2)人や健康への安全性が確認されている表面加工を選ぶ

    3)リサイクルしやすさを考慮した表面加工を選ぶ

    4)VOCの発生が少なくて済む表面加工を選ぶ

  • 製本及びその他の加工

    1)製本時接着剤を使用の際に、リサイクルに支障がないものを使用する

    2)付属品(製本材料、カレンダーの綴じ具、綴じ込み付録)、店頭販促物、パッケージ等については紙以外の素材をできるだけ使わない

【1.印刷物の用途・企画の決定】
  • リサイクルのしやすさ(古紙リサイクル適性)を表示して利用者に案内する
  • 環境配慮の内容について表示する
  • 印刷のライフサイクル全体で発生するCO2排出量を把握し表示する
  • ライフサイクル全体で発生するCO2排出量をカーボン・オフセットする
  • グリーン電力を利用している
【1.印刷物の用途・企画の決定】
  • 環境に配慮した事業者に印刷物作成を依頼する

印刷事業者の環境配慮の取り組みチェックリスト

【1.環境マネジメントシステム】

企画・営業

1)企画提案及び印刷物デザイン制作にあたっては環境配慮を考慮している

製版工程

2)製版・刷版各工程のデジタル化(DTP化、CTP化等)に努めている

3)製版、刷版工程で使う現像液、定着液、水洗水の削減や循環利用に努めている

印刷・加工工程

4)印刷・加工工程で揮発するVOCを大気中に放出しないよう、適切な管理及び処理を行っている

5)印刷機械関連機器について省エネルギー、省資源型など環境に配慮した機械を選ぶよう努めている

廃棄・リサイクル

6)すべての工程で、廃棄物の発生抑制、リサイクル、適正処理に取り組んでいる

デリバリ

7)納品:運搬車両の環境負荷低減に配慮している

購買

8)グリーン購入に取り組んでいる

化学物質管理

9)化学物質等の管理・削減に取り組んでいる

その他

10)その他、環境負荷の低減に積極的に取り組んでいる


※1)オフセット印刷:このガイドラインにおいては、印刷版の印刷インキをブランケットなどの転写体に転移し、さらにこれを紙などに再転移する平板を用いた印刷方式をさします。


更に詳しい情報は、下記ボタンよりPDFをダウンロードしてご確認ください。

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク