会員団体合計1,336
団体(企業1,102、行政109
民間団体125
2019823日時点
> > 地方自治体のグリーン購入取り組み支援プランの開始

地方自治体のグリーン購入取り組み支援プランの開始

GPNイベント2019-10-29

地方自治体のグリーン購入取り組み支援


グリーン購入ネットワーク(GPN)では、新たにグリーン購入の推進担当になった職員を対象とした「新任担当者向けグリーン購入研修会(基礎編)」やテーマ別勉強会の開催等を通じて、地方自治体の取り組みの支援を行っています。
これまで、職員向け研修や調達方針や調達基準の見直し等に関する問い合わせや要望が多いことから、GPNとして地方自治体に向けた取り組み個別支援プラン(有償)を2プラン策定し、実施いたします。


【印刷用】地方自治体のグリーン購入取り組み支援(PDF)


(1)グリーン調達方針、環境配慮契約方針の策定・見直しプラン
グリーン購入、環境配慮契約を推進したいが、推進のための道しるとなるべき調達方針を策定していないため、これ以上の推進が図れない。もしくは調達方針の見直しをしなければ推進の方向性とずれが生じてきている、という自治体に向けて個別に支援を行います。

支援内容
①取り組み状況の診断とアドバイス
②他の地方公共団体の取り組み事例の情報提供
・調達方針(契約方針)
・調達実績の集計書式
・調達方針(契約方針)策定を庁議へ諮るための書式・内容
・入札仕様書(物品、役務等)
③グリーン購入法(環境配慮契約法)の判断基準の考え方を説明
④関係部署(環境、財政、契約)との協議への協力
・実務支援のミーティング内で実施

費用:GPN会員 50,000円(税込)+交通費  非会員 100,000円(税込)+交通費
実施期間:4カ月程度(詳細は相談)
お申込み(ご相談):随時受付
件名に「グリーン調達方針、環境配慮契約方針の策定・見直しプランの件」としていただき
1)団体名、2)部署名、3)お名前、4)電話番号、5)Eメールアドレスをご記入の上、 
E-mail:gpn@gpn.jp までお送りください。
また、疑問・質問等がありましたら、ご自由にお書きください。
支援実績
・春日部市:グリーン調達基本方針の見直しを支援(2018年)。

HPにグリーン購入ネットワークが協力したことを明記していただいた。


〇打合せ内容&スケジュール
<調達方針策定の場合>




開始:事前準備
・日程調整
・対象自治体の現状把握(ヒアリング事項の送付、回収)、要望の聞き取り
・紹介する事例の収集と整理

初回MTG(1ヶ月後)

<現状の確認>
・支援事業の概要説明、支援事例説明
・現状把握(事前ヒアリング事項を活用)
・支援内容の確認、参考となる事例の説明
・次回MTG迄の作業内容、スケジュールの確

初回MTGでは事前に頂いたアンケート回答内容の確認を行いながら、現状の物品調達の状況や課題について共有し、調達の適正なレベル感、中期的な目標の置き方について検討します。また、組織的に取り組みを推進するために、他の環境施策との関係も明らかにしながら推進体制について検討します。

*次回MTGまでの作業
(自治体の作業)          (GPNの作業)
 ・関係部署との協議・調整      ・他自治体の事例提供
 ・課題への対応案の検討       ・課題への対応策の検討
 ・調達方針(案)の作成                 ・自治体からの問い合わせ・相談への対応

2回目MTG(2.5ヶ月後)
<調達方針案の検討>
・初回MTG内容の振り返り
・自治体より調達方針(案)の提示、運用・周知方法の検討
・次回MTG迄の作業内容、スケジュールの確認

2回目のMTGでは、自治体が作成した調達方針(案)が有効に運用出来るかを確認します。組織の対象範囲、商品分野の選択、調達の基準と方法、集計の仕組みについて適切に設定されているかをヒアリングし、他の自治体の事例を基に検討すると共に、必要に応じた改善提案を行います。また、作成された方針の周知について、より効果的な方法を検討します。

*次回MTGまでの作業
(自治体の作業)           (GPNの作業)
 ・関係部署との協議・調整      ・他自治体の事例提供
 ・調達方針(案)修正事項の検討   ・自治体からの問い合わせ・相談への対応


最終MTG(4ヶ月後)
<調達方針案の修正と仕上げ>
・2回目MTG内容の振り返り
・調達方針(案)の修正事項の確認
・今後の進め方の確認

最終MTGでは、調達方針(案)の再確認を行うと共に、自治体ホームページによる広報を含めた庁内外への周知方法について確認します。

*MTG終了後の作業
(自治体の作業)           (GPNの作業)
・方針・見直し内容の決済       ・対象自治体へのフォロー
・周知と実施

プレゼン用資料はこちらから


(2)グリーン購入講師派遣プラン
グリーン購入を推進しているが、職員のグリーン購入への理解が浸透しておらず、もしくはまちまちな理解をしているため、推進に当たって改めて研修(講演)を行い、職員の理解を深めるための支援を行います。もしくは、納入業者や製造者に対して、考え方や方針の理解を求めるために研修会(講演)を実施し、円滑なグリーン調達を図りたい自治体への支援として実施します。

(例)グリーン調達方針や考え方の理解を深めたい




〇講演テーマ例
①グリーン購入や環境配慮契約に取り組む意義と効果
②グリーン購入や環境配慮契約の取り組み方、他団体の取り組み例
③グリーン購入や環境配慮契約を通じたSDGsへの取り組み
④海洋プラスチックごみ問題とグリーン購入
⑤地域循環共生圏とグリーン購入
⑥社会面にも配慮した公共調達(持続可能性に配慮した公共調達)

*講演時間について
 講演時間は60分~90分程度としています。詳しくはご相談ください。

〇事前準備
・日程調整(講演予定日と準備期間)
-準備期間として1カ月頂戴いたします。
・対象自治体の目的の確認と要望の聞き取り
・講演内容の確認
 
〇費用:GPN会員 10,000円(税込)+交通費  非会員 20,000円(税込)+交通費
〇実施期間:通年

〇お申込み(ご相談):随時受付
件名に「グリーン購入講師派遣プランの件」としていただき
1)団体名、2)部署名、3)お名前、4)電話番号、5)Eメールアドレスをご記入の上、 
E-mail:gpn@gpn.jp までお送りください。
また、疑問・質問等がありましたら、ご自由にお書きください。

〇支援実績
春日部市(2018年) グリーン調達基本方針の見直しに当たりグリーン購入の講演会を実施
我孫子市(2019年) あびこエコ・プロジェクト研修でグリーン購入の講義実施

プレゼン用資料はこちらから

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク