会員団体合計1,280
団体(企業1,046、行政103
民間団体131
2023615日時点
> > CSOネットワーク主催シンポジウム:対話から考える責任あるビジネス推進のあり方~外国人労働者の労働環境に関する課題を中心に~(3/1)【CSOネットワーク】

CSOネットワーク主催シンポジウム:対話から考える責任あるビジネス推進のあり方~外国人労働者の労働環境に関する課題を中心に~(3/1)【CSOネットワーク】

2024年3月1日(金)にCSOネットワーク主催シンポジウム「対話から考える責任あるビジネス推進のあり方~外国人労働者の労働環境に関する課題を中心に~」を開催いたします。



CSOネットワークは、トヨタ財団の助成のもと、2023年5月より「対話による外国人労働者の労働・人権問題改善に向けた調査及び対話活用ガイドブックの作成」プロジェクトを実施しております。本プロジェクトでは、2023年度、対話による外国人労働者の労働・人権問題改善に向けた取組みについての文献調査や、国内外国人雇用企業・関係者へのインタビュー調査、日本企業の海外サプライチェーンへのインタビュー調査等に取組んでおります。2024年度は、2023年度に実施した調査を踏まえ、対話による外国人労働者の労働・人権課題の改善を目指したガイドブックの開発やワークショップの開催を予定しております。

本シンポジウムでは、CSOネットワークのプロジェクトの実施経過のご報告とともに、これまでそれぞれの立場から外国人労働者の労働・人権問題改善にむけて取組みを実施されている実践者、専門家の皆様にお取組みや課題の共有をいただき、外国人労働者の労働・人権問題改善に向けて、これから求められる取組みや、あるべき対話の形を模索します。参加費は無料です。みなさまのご参加をお待ちしております。

------------------------------------------
開催日時:2024年3月1日(金)14時00分~16時30分
※本シンポジウムは会場参加とZOOM配信によるハイブリッド方式で行われます。

(会場参加) 開場時間:13時50分
会場:赤坂インターシティコンファレンス4階 「the Green」

(ライブ配信)
Zoom
※ WEB会議ツール「ZOOM」を用いて行われます。
 事前にご利用のPC・スマートフォン等で、ZOOMが利用可能かご確認ください。

プログラム:
・第一部
基調講演
「日本における外国人受入れの現状と高まる「対話」の必要性〜持続可能な地域と職場づくりに向けて〜」 
田村太郎氏(一般財団法人ダイバーシティ研究所 代表理事)

報告
CSOネットワークのプロジェクト報告
長谷川雅子(CSOネットワーク 事務局長・理事)

・第二部 個別発表・パネルディスカッション
個別発表
①外国人労働者の相談・苦情の視点から
JP-MIRAIにおける外国人労働者の相談・苦情の対応から見えてくる事業者と労働者との「対話」の在り方とは
中尾洋三氏(責任ある外国人労働者受入れプラットフォーム(JP-MIRAI) アドバイザー)

②共生社会実現の視点から(佐賀県の取組み)
地域の多様な主体の支援から見えてくる「対話」とは
北御門織絵氏(佐賀県 地域交流部 国際課 多文化社会コーディネーター)

③「ビジネスと人権」の視点から
ILOの取組みから見えてくる人権尊重のための「対話」の在り方とは 
田中竜介氏(ILO駐日事務所 プログラムオフィサー 渉外・労働基準専門官)


パネルディスカッション
パネリスト:田村氏・個別発表者3名
モデレーター:古谷由紀子(CSOネットワーク代表理事)

※プログラムの内容は予告なく変更となる可能性がございます。

使用言語: 日本語

定員:<会場参加> 50名程度
      <オンライン参加> 100名程度
主催:一般財団法人CSOネットワーク
助成: トヨタ財団
受講料:無料
お申し込み・詳細は、"こちら"


お申し込み締切:(会場参加・オンライン参加)2024年2月29日(木)13時00分
※定員人数に達した場合、事前にお申し込みを締め切りいたします。

*----------------------------------------------------*
 <本件についてのお問合わせ先>
一般財団法人CSOネットワーク

office☆csonj.org(☆を@に変換)
*----------------------------------------------------*

エコ商品ねっと 会員専用ページ お問い合わせ

GPN地域ネットワーク